FC2ブログ

70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

堺田 (陸羽東線) 1971

sakaida_01-Edit.jpg

陸羽東線も、道内への旅の途上に立ち寄る線区として良く選んだ。そればかりでなく、2・3日の休みでも取れれば、古川あたりに宿を取って石巻線と組合せでも訪れてもいた。
上野を23時32分だった電車急行<いわて3号>が常宿で、本当ならその少し前に出る<十和田4号>のスハ43に乗りたいところなのだが、常磐線を回るうちに<いわて>に追い抜かれ、これだと小牛田からの接続に間に合わないのだった。

堺田は、その名のとおりに宮城/山形の県境近くにあって、その構内の施工基面高-337M10が陸羽東線の最高地点でもある。中山平/羽前赤倉と共に約90メートルの標高差で、双方に5キロを越える18.2パーミル勾配が連続している。
山形県最上郡最上町堺田の集落は、駅前から緩い斜面を500メートルばかりの国道47号線沿いに在り、駅周辺に鉄道官舎の他に人家は見られなかった。構内自体も県境から続く切通しの中に隔絶された信号場のような存在ではあったけれど、1917年11月1日のこの区間の開通時に設けられた「駅」である。堺田集落が北羽前街道上の重要な駅逓であったことに依ると思われる。
駅の前後に行き来して上り/下り列車とも力行を狙えそうなのだが、中山平方には見るべきポイントの無くて、撮影は専ら赤倉方に限られた。
高橋川橋梁(91M)は、ここでの定番ポイントで、国道から林道に逸れて小さな神社の下に至ると、それを程よい距離で眺められた。この後に、幾度も体験することになるのだけれど、朝のピインと締まった大気の額のあたりに渦巻きながら歩けば、やがて目指す景観の視界に広がる感覚は忘れられない。歩き撮影の特権と云える。

写真は、その高橋川橋梁上の1790列車。
新庄から小牛田までの全線を重連で通す運転であった。この翌年3月のダイヤ改正では定数の変更が在り、荷の重い時には、さらに後補機の付いた3台運転が実現したが、巡り合ったことは無い。

[Data] NikomatFTN+AutoNikkor105mm/F2.5 1/250sec@f8 Y48 filter NeopanSSS(ISO200) Edit by PhotoshopLR3 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monochromeyears.blog.fc2.com/tb.php/10-7ea10e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)