70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打保 (高山本線) 1998

utsubo_08-Edit.jpg

打保 (高山本線) 1996 では、散々世話になった打保駅前桜井商店の主を「年季の往った女将」などと書いたけれど、ここでは敬愛を込めて「桜井商店の婆様(ばさま)」と呼ばせていただく。
2000年頃と覚えているが、いつものように打保に降り、これもいつものように桜井商店を訪ねると、大きな店舗兼二階屋に一人暮らしの婆様がプリプリと怒っているのだった。曰く「JR東海と云う会社は人を人とも思わぬ不遜の会社だ」と穏やかではない。何事かと尋ねてみれば、打保駅舎の改築話しがもたらされ、新築駅に便所の附属しないことに腹を立てていたのである。
これは婆様の云う通り、東海旅客鉃道は高山本線に限らず老朽化した開通時以来の駅舎改築、と云っても大半は国有鉄道当時に要員の引揚げられて旅客フロントが不要となった従来駅舎を取り壊しての小振りな待合所の新設なのだが、下水道の整備されない地域に在っては糞尿の処理を嫌って、駅には必須のはずの便所を廃止してしまい、至近の利用者ならまだしも外来者など用便に困るのは、まさに「人を人とも思わぬ」所業と云え、列車と徒歩の鉄道屋としては実感するところでもあった。

道内に事例の多い仮乗降場を代表例に開設時より簡易な設備とした駅は存在するにせよ、鐵道院・鉄道省の時代より公共施設たる鉄道駅舎への便所の併設は基本であり、それは公衆便所の性格を併せ持つものであった。近年に至っての老朽化にともなう改築(建替)の要求に国有鉄道は便所も含めて応じ、1970年代半ばからの閑散線区老朽駅舎のカプセル化に際しても、駅機能として必要最小限の要素として待合室に次いでは便所・洗面所が上げられていた。ちなみに、その次位は公衆電話ボックスであった。
国鉄を承継した旅客鉄道各社も概ねそれを引継いだのだけれど、確かに悩ましい問題ではあったろう。併設はするものの、管理は全面的に地元自治体の負担としたり、用地を無償貸与の上で自治体の責にて設置するなどの方策も考案・実行された。貯留式でのバキュウム車での糞尿搬出を同条件の周辺集落との一括処理としたり、浄化槽式としての地域の排水路への放流などである。
けれど、東海旅客鉄道だけは発足より利用の寡少と判断した駅には不設置の方針と伺える。閑散線区での要員無配置となった老朽駅舎の改築には、ほぼ例外無く併設便所を廃止している。その責で設置を希望する自治体との協議も具体的申し入れの在ってから、ようやくに応じているように見える。設置を最初から顧みないのは経費と維持管理の回避だろうから、東海旅客鉃道とは、桜井商店の婆様の云う通り、新幹線旅客に要りもしないサーヴィスまで提供しておき乍ら、ルーラル鉄道の駅に降りる旅客には排便も排尿も我慢しろと云う、正に非道の会社に違いないのである。

打保に到着する833D。富山鉄道部のキハ120が高山まで乗入れていた頃で、この列車は富山まで直通していた。
ここで、1031Dと1036Dの離合を撮って高山へ戻ろうとすれば、下り普通列車を2本見送るまで時隔の開き、それのバルブは定例行事だった。幾度も幾度も撮った絵だけれど、やはり東海旅客鉃道により「非道」な金属柵の巡らされる以前に限る。

[Data] NikonF5+AiAFNikkor ED180mm/F2.8D  first exposer Bulb@f11 second exposer 1/8sec@f2.8 fuji compound filter 35M+5B Ektachrome Professional E100SW [ISO160/0.5EVpush] Edit by PhotoshopCC on Mac.

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。