70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弘南大鰐 (弘南鉄道・大鰐線) 1979

konan-Edit.jpg

このルーラル鉄道を撮ったことは無い。より正確には、大鰐を奥羽本線の列車で通る度に、その片隅に居た古い電車と石川駅手前でオーバークロスして往くコンクリートの陸橋が気になっていて、全線のロケハンまでしたのだけれど、撮らず仕舞いに終わっている。
その陸橋の他に、街の商店然とした弘前中央から市街地を川沿いに往く区間や、津軽千年付近の林檎園、鯖石-新石川間の平川橋梁などが印象に残っている。

この頃、音楽雑誌の仕事でフォークミュージシャンのツアーへの同行取材があった。青森に向かえば、弘前での小屋は、たいていの場合中央弘前近くの「萬燈籠」と云うライブハウスであり、ライブが終われば、西弘前駅前の系列の店だった「33・1/3」で当のミュージシャンやスタッフと朝近くまで呑むのが定番になっていた。居心地の良い店で、青森市内での仕事でも泊まりを弘前にして、ここに顔を出したりしたものである。その移動には大鰐線が便利で、これに乗るのも楽しみにしていた。
古い電車に、学生街の玄関駅として改装された駅が不釣り合いだった覚えがある。
ライブハウスの「萬燈籠」は現在も盛業中と聞いている。当時は、池田すみさんとおっしゃる女傑が仕切っておいでだったのだが、お元気だろうか。

写真は、ロケハンの際に撮影した弘南大鰐駅でのカットである。5番ホームからの弘前中央行きの発車を多重露光で撮っている。
F2の多重露出機構は、シャッタアドヴァンスの際に僅かながらフレームの動くことが在り注意を要した。

当時のメモには、モハ2233とクハ1267の編成とあるから、先頭のモハ2231形2233は西武鉄道の前身である武蔵野電気鉄道が1928年に新製したデハ5550形5554の後身と知れる。弘南鉄道へは1962年に車体のみが譲渡され、ここでの廃車発生品にて電装されている。
制御車クハ1266形1267についても、初代西武鉄道が1928年新製のモハ550形560が電装解除されたクハ1151形1159の譲渡を同時期に受けたもので、双方とも弘南線からの転籍車である。
この時点でも車齢は50年に達していたのだが、この後さらに20年をここで過ごし、1999年に用途廃止とされた。

[Data] NikonF2A+AiNikkor50mm/F1.8  Bulb@f8-MultipleExposer Non filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCS3 on Mac.
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。