70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小浜 (小浜線) 1984

obama-Edit.jpg

それ以前からのことだろうから、ご経験の向きも多いのではと思う。1980年代半ばに敦賀に撮影機材を持って降り立つと駅前交番に詰める官憲に職務質問を受けた。彼ら福井県警は待合室や時にはホームにも出張り、乗降客を常に監視していたのである。良く訓練されていて言葉遣いは慇懃に丁寧ながら「名前は、住所は」に始まる威圧型の職質であり、「何処へ往くのか」、夕方から夜間ならば「何処へ往って来た」と続いて、挙げ句には図々しくも「荷物を見せろ」とまで言い出す始末だった。どこへ往こうと何を持とうと官憲に申告することでは無いので拒否すれば、待ち合わせの後に乗車する小浜線のホームまでしつこくつきまとわれた。一度は延々と私服の尾行を受けたこともあるが、犯罪検知に情報収集など職質本来の趣旨では無く、恫喝目的の単なる嫌がらせ行為であった。
いったい誰が福井県警にそのような指令を発したものか、想像は十分についた。プルサーマル運転を予定した関西電力高浜原発の3号機、4号機が1985年度に稼働を予定し、大飯原発の2基に日本原電敦賀の1基も建設ないし調整の途上の時期である。地元住民の反対運動はとっくに押さえ込まれ、表立った市民運動も、また大手マスコミの報道も一応の終息は見せていたけれど、フリーランスのジャーナリストやカメラマンが頻繁に訪れており、いったい何の取材を恐れたものか、財界や資本、その意を受けた時の反動政権などの保守勢力はこれに神経を尖らせていたのである。フリーランスの雑誌記者などには嫌がらせで十分とは随分と見くびられたものとは思うが、日本の原発開発がそれすら排除を意図するような後ろめたさの隠微体質と共にあることの例証でもあった。付言すれば、この時期まで日本の雑誌ジャーナリズムもまた、真っ当に機能していたと知れる。

白状すれば、車窓からのおおまかなロケハンを済まし十村や勢浜のあたりに適地を見つけておきながら、小浜線をまともに撮ったことは無い。片道1本だけが撮影可能と云う機関車列車の効率の悪さに二の足を踏んでいたのである。この敦賀への下車や小浜線への乗換えは、実を云うと酒を買い込むためであった。
琵琶湖北岸から若狭湾沿岸はなかなかの酒造地帯であり、沿岸の漁師酒は勿論のこと湖北地域も鋭角なキレのある酒質には、遠く珠洲や鯵ヶ沢にも通じて好みと承知していたけれど、大半が小蔵とあっては地元に向かわねば出会えないのこともあり、福岡に仮住まいの当時、そこへの帰路に高山線を撮れば富山から大阪へ出る途上で寄り道し、蔵の在る美浜や三方、小浜に降りていたのである。特に美浜町の「早瀬浦」(三宅彦右衛門酒造)や「若狭菊」(若狭菊酒造)など、まもなくに全国の呑み助どもの間でも垂涎の酒となったものだった。

写真は小浜駅の本屋に接した1番ホームでのスナップ。この日に小浜市内に三箇所の蔵を回っての帰路と記憶する。
2番ホームに962Dの福知山行きを待たせて到着する列車は4959Dの敦賀行き。京都から西舞鶴への903D<丹後5号>の普通列車運転区間である。平日の夕刻近くなのだが、今に見れば乗車客の多さに驚く。
21世紀に至って加速した酒蔵の休醸・廃業は、当然のようにこの沿線にも及んで、この日訪れた「若狭井」(若狭井酒造)に「一乃谷」(浜小町酒造)、そして先の「若狭菊」が既に無い。Web上の報告によれば、それぞれとも跡地は更地となって放置されているらしく、特に浜小町酒造の蔵は珍しくも駅正面を占めていたから、その駅前には空疎な空間の残されていることだろう。
それにしても写真機材は担いでいたにせよ、両手に酒瓶をぶら下げた風体を職質とは福井県警も難儀なことであった。現場の士気は上がらなかったに違いない。

[Data] NikonF3P+Distagon 28mm/F2.8 with Adaptor 1/250sec@f4 Non filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。