70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平岩 (大糸線) 1987

hiraiwa_03-Edit.jpg

信濃大町糸魚川間鉄道は、『軽便鉄道法』(1910年4月20日法律第57号)下に確保された鉄道建設費予算を以て1920年7月の第43回帝国議会の協賛を得て建設の決定し、同法の失効以後につき『鉄道敷設法』(1922年4月11日法律第37号)が制定されると、その附則第二項により第一条別表の予定線と同等に扱われた。
予算上の事由から幾度か着工の延期されながらも、信濃大町から中土までが大糸南線として1935年11月29日までに、糸魚川から小滝の区間が同北線として同年12月24日までに開通した。残る中土-小滝間にも着手されていたのだが、険しい地形に難航しているうちに日中戦争の勃発により1941年6月30日付で工事中断の止む無きに至り、戦局の悪化した1944年には軌道工事まで完成していた平岩-小滝間の軌道を始め橋桁までが金属供出により撤去されてしまった。
戦後いち早く1946年には運輸省鉄道総局により信濃川工事事務所の所管にて復旧に着手されるも、経済混乱にともなう資材の入手難などから遅々として進まぬままに再び中断、ようやく1953年6月に新橋工事事務所の手により再開され、1956年5月に信濃川工事事務所に移管の上での1957年8月15日のこの区間の開通を以て全通を果たしたのだった。
これに際しては、1937年6月1日付で買収した旧信濃鉄道区間や既設区間に存在していた簡易線規格を全線で丙線規格と改める工事も行われたのだが、橋梁には負担荷重KS-12の個所が残存した。入線機関車がC56に限られた所以である。ちなみに黒部第四発電所(ダム)建設資材輸送時のED60の入線は軌道強化を行っても速度制限を各所で受けた。
橋脚や隧道の施設は勿論、路盤工事も完成していながらの工事再開の遅れは、1949年の発足と同時に非採算線区の経営問題に直面した日本国有鉄道が、この線区についても逡巡したゆえと思える。地質の不安定な糸魚川静岡構造線上に位置し、急流として知られる姫川による水害や冬期の雪害なども考慮せねばならない災害線区との予測からも、開通を回避したいのが国鉄の本音だったろう。横浜地区や以西の東海地方と北陸地方との輸送においては短絡線となるに関わらず、軍部の要請も無くなっては、最小限の投資にて輸送力を考慮しない線路に留置かれたのである。それは今に繋がるこの区間の不幸でもあった。これには項を改めたい。

富山第一機関区の大糸線運用には、永年のキハ55/キハ52に替えて1982年度よりキハ58が入り始め、1985年度までには全ての運用が、それの2両組成に置替られていた。多くが秋田運転区と新潟運転所からの転入車で非冷房車だが、秋田からのクルマはパノラミックウィンドウ装備の1968年度増備車だった。
キハ58と云えば、かつてには松本-金沢間急行<白馬>に運用されるだけの線内では最優等車両だったから、1982年11月改正でそれの廃止されると同時に、今度は線内列車の全てが外見は<白馬>と云う鄙にも稀な華やかさがその頃の大糸線であり、そのままに西日本旅客鉄道の承継した富山運転所に引継がれていた。
写真はパノラミックウィンドウ車が行違う平岩駅、駅長が出発合図に向かう。列車は426D(左)と429Dである。
1982年度末に、列車回数の少ない単線区間向けに閉塞信号機を設けない方式で自動信号化され、松本指令所からCTC制御されていたにかかわらず、ここには要員配置駅だった。それを要した事由はわからない。

[Data] NikonF3P+AiNikkor50mm/F1.4S 1/125sec@f8 Fuji SC48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

スポンサーサイト

北小谷 (大糸線) 1987

kitaotari_01-Edit.jpg

かつて全国各地に散在した杜氏集団の多くは集団とは呼べぬ程に人数を減らし、中には既に消滅したと思われる地域もある。
残念乍ら最新の資料は手元には無いのだが、2002年度の杜氏組合を資料に見れば、南部杜氏が300人を越えて突出している他は但馬杜氏、丹波杜氏、能登杜氏が続く程度である。越後杜氏組合の300人を越すけれど、これは県内の杜氏組合を一本化したゆえであり、野積・越路・刈羽・頸城・小千谷などの杜氏集団に往年の勢いは無い。広島地域や九州島内に至っては各地区で組合を維持出来なくなっての統合で、それでも50人を越えるに留まる。
これは、杜氏-現代で云えば酒造技能士一級保持者-の総数が激減している訳では無い。農村や山間地などからの杜氏に率いられた農民の一群による季節労働としての酒造が終焉を迎えているのである。
江戸期における寒造りの定着以来に、寒村の農民による酒蔵への出稼ぎは村の誇りとされていた。熟練した酒造技術者である杜氏に率いられた技能集団は「酒男」と呼ばれて、富を持ち帰る村の誇りだったのである。年少者のあこがれの姿であり、いつしかそれに加わることを念じても、杜氏の親戚や親が親しいでも無い限り参加出来ぬ集団でもあった。
しかしながら、農村の豊かとなる戦後となれば、凡そ半年を故郷と家族と離れての生活が嫌われ、酒造集団への志願者の減り、仕舞いには杜氏が育たなくなったのである。この季節労働による酒造形態はまもなくに絶滅するであろう。
替わっては、杜氏不足に対して蔵元自らが酒造技能資格を取得しての酒造、蔵人は地元からの通勤による通年雇用が一般化しつつある。酒蔵の在る地域の若者達にも人気の勤務先であるらしく、次世代の杜氏は彼らから生まれることになろう。

長野県北部、北安曇郡の小谷村も小谷杜氏を輩出して来た地域である。この山村もまた雪に閉ざされる冬の生業を必要とし、戦前の最盛期に酒蔵へは300人程が出掛けていたと云う。一つの技能集団は7・8人で構成されたから、この中での杜氏は40人前後、行き先の蔵もその数になろうか。当時に1400戸程の世帯数に、そこから働き手の一人が参集したとすれば、凡そ5戸に1戸は「酒男」を出していた計算になる。
先の資料に、既に小谷杜氏組合の名は見られず長野県杜氏組合に一本化されてしまっている。それから小谷村出身者を拾うと14人であった。酒蔵自体の減少を思えばそれほどに減っていない印象だけれど、その高齢化は着実に進んでいる。最早地元から蔵人は集められず、杜氏が単身で蔵に赴くのがほとんどと聞く。

急流の姫川が削り、大量の土砂を運んで埋めた谷は広く、その全てを河床と化す。この攻撃斜面にあたる築堤の区間は1995年7月の大氾濫にて流失の被害に遭っている。
列車は439D、糸魚川行き。

[Data] NikonF3P+AiNikkor50mm/F1.4S 1/250sec@f5.6 Fuji SC52filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

平岩 (大糸線) 1987

hiraiwa_02-Edit.jpg

姫川の谷を平岩あたりまで遡れば温泉地帯となる。駅下流の姫川沿いに姫川温泉のまとまった旅館街があり、上流に辿れば川沿いにも旅館が建ち、これも姫川温泉と呼んでいるようだった。
葛葉峠への当時の国道148号線のつづら折りに白馬温泉が、峠近くから50メートル程を谷に下ったところには蒲原温泉があった。
それが何処であったか、どうしても思い出せないのだけれど、この頃国道を外れたあたりに露天風呂が湧いていた。と云っても脱衣所さえ無い単なる湯壷である。白馬温泉よりもやや下ったあたりだったような気もするし、そこから姫川の近くに出た位置だったようにも思える。
葛葉峠途中のドライブイン横で数カットを撮影して、つづら折りを駅に戻りながらロケハンのつもりで踏み入れた道すがら、単車旅行のライダーが入浴していたのを見つけてご一緒させてもらったのである。彼の単車がそばに停めてあったから傾斜地ではない。湯舟も二人が十分入れるサイズだった。彼も偶然景色を眺めに停まって見つけたと云う。そこには何の掲示もなされるでも無いし、周囲にそれを附属させる建物も無く、そこから湯の引かれるでも無く、だだこんこんと湯が湧いていた。
無色透明の泉温は、かなり熱かったのだけれど、峠の登りで汗をかいた身体には快かったと覚えている。
これが今も在るものか分からないが、もしご存知の方がおられればご教授頂きたい。果たしての無断入浴の是非を。

この頃、富山運転所には西日本旅客鉄道の承継した非冷房のキハ58/28が集められ、主に高山線と大糸線運用に就いていた。冷房搭載車の2両の配置もあったけれど、キハ58とあっては宝の持ち腐れである。後に大糸線色と呼ばれる塗色への変更が順次進められていた。
列車は432D、南小谷行き。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/500sec@f4 Fuji SC48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCS4 on Mac.

平岩 (大糸線) 1987

hiraiwa_01-Edit.jpg

大糸線非電化区間も、高山線通いと一体で撮っていた線区である。その旅が東京へ戻る行程であれば帰路に立ち寄っていた。一日を撮り終えての帰路には、そのまま南下して松本で夜行<アルプス>を捕まえられれば八王子も近いのだが、大糸線は距離の在る上に時間が掛り過ぎて叶わず、糸魚川から直江津を回って長野に出て夜行<妙高>に乗るのが定番だった。

写真は、第八下姫川橋梁上の430D、南小谷行き。
国道148号線(現新潟県道375号平岩停車場蒲原線)を葛葉峠へのつづら折りを登った定番位置からの俯瞰である。
姫川流域を襲った1995年7月11日から翌日にかけての集中豪雨災害は記憶に新しい。大糸線も姫川の氾濫や斜面崩壊、土石流にて寸断され、長期間の不通を余儀なくされた。
真那板山の急斜面直下の峡谷を抜けた水流は、この谷間を広く奔放に流下して全てを押し流し、水流の強い位置にあった第八下姫川橋梁は桁流失ばかりか橋脚も損壊し、右岸に見える電気化学工業の横川第二発電所すら半壊の被害を受けた。
当然に国道も不通区間を生じて、この平岩付近は孤立してしまい、住民約500名がヘリコプターにより緊急移送されたる事態となったのだった。新聞一面にも水没する見覚えの在る国道・鉄道兼用の洞門(写真中央に見える)の空撮が報道され、衝撃を覚えた記憶が在る。
復旧は姫川の流路改修が優先され、大糸線南小谷-小滝間の列車運行再開は実に1997年11月29日のことであった。

葛葉峠への国道148号線は、その前年の1994年に直下をトンネルで貫く通称-平岩バイパスが開通して交通量が激減し、この撮影位置付近に在ったドライブインを中心にした休憩施設は、全てが廃屋と化している。また、不要不急路線と化したゆえか、県道に移管された現在、峠頂上から蒲原温泉へと降りる区間と県境を越えて長野県道への区間は、前記の豪雨災害の復旧がなされていない。

現在もこの位置からの撮影は可能らしいが、姫川は復旧時の改修にて護岸で固められた水路と化しては、もはや魅力は無い。

[Data] NikonF3P+AiNikkorED180mm/F2.8S 1/250sec@f8 Fuji SC52filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCS3 on Mac.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。