70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野辺地 (南部縦貫鉄道) 1972

noheji_01-Edit.jpg

地域交通線、80年代以降なら地方交通線と呼ばれた、所謂ルーラル鉄道には余り興味を持たなかった。道内の主要幹線函館本線の、それも札幌近郊の沿線に住んで鉄道風景を眺めた身に、それは大型蒸機を先頭に長大編成で疾駆した列車群に在ったのだった。その頃に走り始めた気動車特急や急行列車の近代化列車もあこがれを持って眺めていた。
ハーフ判カメラを宛てがわれて立つ沿線も当然に函館本線であり、桑園の外れからひっそりと分岐していた札沼線にも行ってみたけれど、宅地開発の進み始めた農地を往く線路は、同じようなロケーションだった千歳線に比べて優等列車のやって来ない分、随分と寂れて見えた。
1960年代の末から蒸機を本格的に撮るようになれば、残り少ないそれにルーラル鉄道にも通ったけれど、そこでの気動車列車のカットはほとんど手元に無いから、蒸機ばかりを見ていたことになる。
それを失ってから、暫くは足の向かなくなっていたのだけれど、1970年代の後半から標津線や士幌線、深名線などを巡り始めて些か後悔したものだった。70年前後と云えば、空知や留萌地域の運炭鉄道の多くが健在であり、旭川には郊外電車が走っていたし、道北・道東に足を伸ばせば簡易軌道も生き残っていたのである。それらの何れにも乗っていない。

この日、連絡船の午前便で着いた昼の青森から野辺地に降り立ったのは、1968年にここまでを延伸していた南部縦貫鉄道に乗るつもりだったのだが、その動機もルーラル鉄道の探索では無かった。東北本線の大平トンネルを通過する別線複線の使用開始にて失われる接続駅、千曳に替えての野辺地までを国鉄から借り受けた旧東北線区間、特急や急行で幾度も通ったそこの再体験を目論んだに他ならない。だから、そのレイルバスに乗ったものの千曳改め西千曳で降りてしまい、この鉄道の核心区間には足を踏み入れず仕舞いだった。
西千曳からは東北線の廃線跡を現千曳まで歩いて、やって来た普通列車で野辺地に戻り、そのまま17時過ぎの<十和田1号>で上野に向かっている。
1980年代以降に、このルーラル鉄道のレイルバス運行は注目を浴びることとなり、沿線への人出に躊躇する内に1997年の営業休止を迎えてしまった。

この駅跨線橋から見下ろしただけの光景の他、西千曳での数枚が手元に残る全てとなり、これは後悔と反省のカットなのである。けれど、単行列車ばかりとなった釧網本線を、以来に一度も撮っていないところなど、反省は足りぬものと思う。

[Data] NikonF PhotomicFTN+P-AutoNikkor50mm/F2 1/250sec@f5.6 Y48filter  NeopanSSS  Edit by PhotoshopLR4 on Mac.

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。