70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北鉄金沢 (北陸鉄道・浅野川線) 1985

hokutetsu_01-Edit.jpg

コンサートツアーに出たバンドを地方に追いかける取材などで、何故か指定されることの多かったのが金沢公演だった。アーティスト側の要請もあったろうが、大抵は同行する編集者が決めていたから出張ついでの土地の食べ物に惹かれての彼らのリクエストに違いないと、毎度ご相伴に預かりながら思ったものだった。お陰さまで、香林坊や片町界隈の呑み屋には随分詳しくなった。
金沢駅へ降りる度に鉄道屋として気になっていたのは駅前広場の片隅から出ていた浅野川線で、その行き先の内灘も、東京都下の砂川闘争に並ぶ戦後の町ぐるみの反戦運動の地としてテキストには必ず登場して記憶にあった。

高山線からの帰り道に前日を金沢泊まりにしてロケハンに乗った浅野川線は、金沢の都市近郊路線ながら市街地とは反対側に伸びていて、2キロほど先の磯部を過ぎれば田圃の中を淡々と走り、小さな集落毎の駅に停まっては20分足らずで終点内灘に着いてしまった。この間のポイントと云えば内灘手前の大野川に架けられた橋梁程度で、500メートルから1キロ程度の間隔で置かれた駅も特徴に乏しく些か拍子抜けした覚えが在る。
ただ、七ツ屋に在った車庫で眺めた車両は、戦後の全金属製車体の新製車が大半なのだけれど、かつて石川平野に数多くの路線を持っていた北陸鉄道の廃止線から集められただけに、同一事業者内の統一感もありながら1両とて同形態の存在せず、飽くことのなかった。しかも、後に調べてみればここへの入線に際して台車を履き替えたり、廃車発生品の制御機器を搭載したりの改造も多かったようだ。

写真は、北鉄金沢を発車して往く内灘行き急行列車。モハ3300型の3301で、元はと云えば1958年に軌道線の金石線へ新製投入された車両であった。これもここでは1形式1両である。
結局のところ、この線区で最も興味惹かれたのは、この金沢側のターミナル駅だった。木造モルタル(と思える)駅舎がひっそりと建ち、その狭い構内と乗降場の置かれた路地裏か民家の軒先のような有様は、とても国鉄大駅の目と鼻の先に存在するとは思えない、まるで過去への入口のような場所に思えた。
かつて乗降場の外れから分岐した国鉄への連絡線が存在し、この頃にはその路盤跡を辿ることが出来た。

[Data] NikonF3P+AiNikkor28mm/F2.8S 1/125sec@f5.6-8 Fuji SC48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCS3 on Mac.
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。