70's/80's Monochrome Age and Years of Ektachrome film

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白山信号場-山寺 (仙山線) 1980

yamadera_11-Edit.jpg

鉄道省秋田建設事務所が1939年3月に省内資料として作成した「仙山隧道工事並作並山寺間電化工事誌」は、残念ながら国会図書館に収蔵されておらず、関係自治体である宮城県図書館か山形県立図書館に出向かぬと閲覧が出来ない。おそらくは当時に鉄道省が両県に寄贈したものであろう。
仕方なく、土木学会誌の1937年8月号(第23巻第8号)に所載の当時の秋田建設事務所所長による論説報告「仙山線仙山隧道の直轄工事に就いて」や時報記事などからの推察に頼るのだが、山寺から延長となる仙山隧道山形方抗口までの区間は、1933年10月17日に仙山西線として開業した羽前千歳-山寺間と一体で建設されたものと思われる。路盤工事は勿論、橋梁なども架設され、既に軌道も敷設されていたことだろう。
仙山隧道の導抗掘削への着工は1935年4月1日と記録されるけれど、工事には抗口直近から山寺方500メートルの位置まで大規模な抗外施設の建設を要し、記録に在る掘削着手後の資材輸送ばかりでなく、これにも将来の営業線に運搬列車の運転されたはずである。

さらにはそれへの便乗扱いだろうが、スキー客輸送にも使われたと推定される。
2009年のシーズン以来に営業のなされず、施設の廃墟と化しているらしい南面白山の北斜面に所在のスキー場の開設は、仙山西線が山寺までを開業した1933年の鉄道省の手になる。1937年に仙山線の全通すればスキー場直下に面白山乗降場が置かれるのだけれど、それまでの4シーズンもスキー客の到達は鉄道に依っていたとしか思えぬのである。所部付近から南面白山の尾根に取り付けば、確かにスキー場斜面上部に達するが、山寺駅から直線距離としても6キロ、途中にピークをひとつ越える尾根筋は3キロ余り続く。
鉄道省にしてみれば全通後を見通した投資であるから、非営業線での便宜的旅客扱いも考えられぬではなかろう。今のところ確証は無いのだけれど、当時の山形市内に発行の新聞記事を丹念に拾えば、記事のひとつくらいは見つかりそうではある。

通称の紅葉川林道、山形市道所部面白山線の開削時期は調べ得ていない。その自動車通行前提の線形設計や山寺市街へと直結する経路選定からは、早くとも戦後、比較的近年のことではないか。林野庁管轄の林道ではなく、最初から自治体による開設だったと思われる。対して、千手院から奥へと伸びる山道は長い尾根筋を面白山山頂へ至る登山道として旧い時代から存在したのではなかろうか。
写真は、その途上から望める第一紅葉川橋梁。813M<仙山3号>が33パーミルを駆け降りて往く。後追いである。
この千手院からの林道は、徒歩の鉄道屋には楽しいルートだった。尾根への小道を分ければ、まもなくに第二紅葉川橋梁の下をくぐって渓谷を渡り、急坂を上って紅葉川林道に合流していた。

[Data] NikonF2A+AiNikkor28mm/F2.8 1/250sec@f8 Nikon Y48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

スポンサーサイト

山寺 (仙山線) 1976

yamadera_10-Edit.jpg

山寺に降りて駅前から立谷川を渡り、線路沿いに面白山方へ15分ばかりを歩くと、優美な曲線の入母屋造り(日吉[ひえ]造り)屋根を戴いた千手院観世音本堂に辿り着く。今には銅版葺だけれど、その古には檜皮[ひわだ]葺だったことだろう。
裏手の峯の浦と呼ばれる山域は、830年に此の地に達した天台宗の僧、円仁(後の慈覚大師)の一行が開いた中世の一大霊場だったと考えられており、中腹の山清水滴る垂水磐に謹製の観音像を置いたのが千手院の始まりである。そして、垂水磐の東に大日如来、峯の浦西側に続く凝灰岩の岩山に薬師如来、阿弥陀如来、本地如来の各像を、これも謹製して安置、霊域としたのだった。
この西側部分に、円仁が遣唐使一行と唐に渡った間、出羽講師に任ぜられた安慧(円仁の弟子僧と云われる)が伽藍に修道場を整備したのが、後に山寺と呼ばれる宝珠山阿所川院立石寺の基礎であり、唐より帰国した円仁が再びこの地を訪れた860年が、その開基とされている。
現代に観光客の姿を認める山寺に比してひっそりとした千手院が、ここでの天台宗教学道場の始まりなのである。宝珠山奥の院への参道もかつてにはそこからが本道だったとされる。
なお、本堂は幾度かの災禍、戦乱に被災し、現在の建物は1752年に再建されたものであることが、境内の火災供養塔に記されている。円仁の作とされる観世音像も焼けこげ、現在には秘仏として収蔵されている。

以前の記事 山寺 (仙山線) 1978 にも書いたけれど、千手院の所在する千手院集落、江戸期の長野村には慈覺坊、文殊坊、オシャマン堂などの地名の散在して山裾に信仰の里の風情を伺わせており、それを紅葉川を隔てた対岸の所部[ところぶ]集落から線路の背景に望むのは、ここでの鉄道風景では最も好きな画角でもあった。
山寺構内を出て、すぐに始まる33パーミルを上る826列車。
千手院本堂の深い屋根が杉木立に光る。千手院集落は右手奥の緩やかな斜面へと続く。
この時代、集落にはまだまだ茅葺き屋根が目立ち、客車の編成にもスハ32が組成されていた。

[Data] NikonF2A+AiNikkor105mm/F2.5S 1/500@f5.6 Y48 filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

山寺 (仙山線) 1978

yamadera_08-Edit.jpg

1968年10月のダイヤ改正は、東北本線全線での線増と電気運転化の完了にともなう大幅な輸送力増強に電車特急による上野-青森間の8時間15分運転をもたらすエポックメイキングな出来事であった。
一方、奥羽本線でも福島-米沢間の既存電気運転区間の直流電気方式を交流とした上で、それを山形まで延伸し、1967年度第二次債務車両計画による455系急行形電車の15両の増備を以て上野-山形間急行<ざおう>の置替が行われた。そして、それは同じく作並-羽前千歳-山形間の電気方式を改めた仙山線においても仙台-山形間準急<仙山>の3往復中2往復に投入されたのだった。
当時に仙台運転所に配置の急行形は、TB車にTS車-2両を組み込み、磐越西線乗入れの附属編成を含む13両組成で上野に発着した幹線急行運用の主力であり、地域内列車には、せいぜい白河-仙台間の準急<あぶくま>に運用される程度だった上、前年の常磐線草野-岩沼間の電気運転施行でも、そこに勝田電車区の急行形電車の進出は見送られていたから、これは異例に思えたのだった。何より、新鋭の急行形電車が通票閉塞の施行区間を走行すること自体、他に例は無かったのである。

これは、下り夜行/上り昼行の季節列車として設定の<ざおう>1往復の山形での日中10時間程の間合いによる運用であり、6両組成の山形方の1ユニット3両を解放して充当していた。気動車3両組成からの置替に1等車を含む6両では輸送力過剰と見たのであろう。この2M1Tは最小組成でありながら、当時には北陸本線の<くずりゅう>にしか例の無い運転でもあった。余談だが、同じく1968年10月改正で増発の水戸(上野)-仙台間の<そうま>も勝田区の3両組成とされた。
季節列車の間合いゆえ、それの運転休止期間には仙台運転所から編成の送込まれて充当されたのだが、それは間合いの運転の場合と編成方向が逆転した。奥羽線列車から繋がる運用は仙山線の線形から仙台には方転編成での入線である。
1972年3月15日改正で山形での編成解結を取り止めた6両での運転とされて仙山線に特別車(旧1等車)がオロハ31以来に復活することになり、1978年10月2日改正での奥羽線急行の配列変更に際して運用を分離、仙台運転所出入区の単独運用とされ、合わせて気動車で残っていた1往復も置替られたのだった。

秋の足の早い夕暮れ、暮色濃い山寺に停車するのは、この改正で電車に置替られた816M<仙山6号>である。
鉄道の写真屋として見る面白さは、やはり新鋭の急行形電車が丙線規格の山岳線を通票の授受を繰返しながら走るところだったろうか。低規格線然とした本線有効長の短い停車場や、旧直流区間に残る木製電化柱との組合せは如何にもアンバランスであった。類似例は身延線に飯田線、そして大糸線となろうか。

[Data] NikonF2A+AiNikkor28mm/F2.8  1/60sec@f4  Non filter  Tri-X(ISO320)  Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

面白山信号場-山寺 (仙山線) 1977

yamadera_07-Edit.jpg

感光乳剤に用いられるハロゲン化銀は、本来に波長400nm以下の紫外線から500nmの青色光までにしか感光しない。これの感度域拡大の研究は19世紀後半のドイツにて進められ、1873年には乾板乳剤への有機染料色素の添加による緑・黄色光の増感性が発見され、これが1906年のピアシナール色素を用いたパンクロマチック乳剤の実現へと繋がるのである。
400nmから700nm付近までの可視光域全域に感度を広げ、人間の視感に程近い整色性を得たのは良いとしても、それの紫外線領域にも及ぶのはそのままに放っておかれた。フィルタでカットすれば済むゆえではあろうが、実はこれが厄介でもあった。
大気の澄んだ秋冬期と云えども、逆光側には短波長光の散乱によるヘイズを生ずる。写真は逆光で撮るものと心得ていた身は、これには難儀した。俯瞰での遠望など霞の彼方を覗き込むことになる。UVと呼ばれたフィルタでとても解消するでなく、富士フィルムの規格番号でSC37に始まるシャープカットフィルタを可視光域に入り込むSC42まで試しても効果は僅かで、コントラストフィルタのSC56あたりでも多少に改善される程度には、現像を硬調に持って往き、印画紙の選択などプリントで誤摩化すのが関の山だったからお手上げとも云えた。
紫外線域に感度を持つのはカラーリヴァーサルとて同様で、特に高彩度化の進んだ90年代のそれではシアンに転んで発色するには困りものであった。これにはPLフィルタとSCフィルタを重ね、ペラのCC1.25Rを持ち歩いて必要に応じカットしてホルダに追加するようなこともしていたけれど効果は限定的であった。
実は、この悩みもディジタルに持ち替えて嘘のように霧散した。絵柄さえあれば如何様にでも加工可能なそれではヘイズをクリアにするなどレタッチの初歩なのだった。

フィルム撮影の当時(今でも持ち歩くもう一台のカメラはフィルムカメラである)、避けれないものなら取り込んでしまうカットも試していた。ハイライトを飛ばさないギリギリまで絞りを開けてハイキートーンにまとめるのが定番だったのだが、それをスキャナでディジタル化すれば、紙焼きでは出せなかったトーンも実現する。
33パーミルを下るのは825列車、山形行き。橋梁は第二紅葉川である。

[Data] NikonF2A+AiNikkor105mm/F2.5S 1/500@f5.6 Y56 filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

面白山仮乗降場 (仙山線) 1978

omoshiroyama_01-Edit.jpg

この仙台・山形間鉄道は、国土骨格を形成する鉄道路線を定めた1892年の鉄道敷設法(1892年6月21日法律第4号)で既に法定された重要路線であった。1888年に創設の陸軍第二師団の所在した仙台への鉄道の接続は喫緊の要請だったのである。1926年に至っての仙台-愛子間からの着工は、両都市間に位置する奥羽山脈の別けても峻険な地形への長大隧道建設にかかわる技術に、それの通過に不可欠の電気運転についても目処の着いてのことである。1930年代前半には清水、丹那隧道が相次いで開通し、5361メートルで当時に両隧道に次ぐ延長となった仙山隧道も1936年12月8日に完成し、これを含む作並-山寺間の1937年11月10日の開通により仙山線が全通している。奥羽本線との接続地点決定の遅れの無ければ、清水隧道に先行した可能性もある。両都市間を最短距離で連絡する鉄道ではあったけれど、同区間に1/30勾配にR=250Mの急曲線の連続する有数の山岳線とならざるを得なかった。

仙山隧道は地質調査に規模は大きく無いけれど多くの断層帯を確認して、当初には難工事が予想され、また工期短縮の要請からも鉄道省の直轄工事方式が採られた。仙台方が1935年3月18日、山形方で同年6月28日(*1)に着手の導抗掘削は小断層での湧水に苦しんだものの、当時に最新の技術に新鋭の機械導入にて克服し、日進平均10.5メートルの新記録にて1936年9月8日に貫通、これを追った本導抗工事も1ヶ月最大200メートル、平均163メートル、1日最大9.6メートルと云う当時に驚異的な進捗度にて同年12月8日には完成(*2)を見たのだった。
この最終工事区間には仙台方抗口の3キロあまり手前に存在した緩斜面を利用して、ここに奥新川停車場が設けられたが、山形方は紅葉川の峡谷断崖に抗口が位置して山寺停車場まで1/30勾配の続くことから、スウィッチバック式を避けて抗口から600メートルの抗内に延長312メートル、幅8.6メートルの空間を得て停車場が置かれた。面白山信号場である。
ここを初めて通過したのは1964年と記憶するが、洞内側壁が横に掘込まれて白熱電球に照らし出された詰所が設けられ、立ち働く職員の姿が認められた。永いこと閉塞を扱う信号場本屋相当個所だったと思い込んでいたけれど、奥新川-山寺間には隧道内の特殊性から開通時より連動閉塞の採用されたと知れば、その扱いは抗口外の本屋にて可能だったはずであり、坑内の詰所は何故だったのだろうか。70年代始め頃でも車窓に灯りを確認した覚えが在る。
上越線の清水隧道内茂倉信号場もそうだけれど、鉄道の輸送にはこんな山中のなお地底で働く職員達も居た。
.............................................................................................................
(*1) 山形方では1935年4月1日着手の横抗掘削が先行した。抗口より510メートル地点である横抗到達位置では5月17日より本導抗工事に着手していた
(*2) 信号場部分を除く

開業時と同時に山形方抗口に置かれた面白山仮乗降場は、その付近(工事用抗外施設の跡地である)に所在した官舎居住者の便を図っての設置であろう。公告されたものでは無かったが、当時より紅葉川渓谷の探勝者などの利用もあったことだろう。
33.3パーミル勾配上に位置して、この線に山形機関区による2往復の気動車(普通)列車運転の在った頃、抗口から洞内の5パーミルに緩むまで僅かとは云え、その発車シーンの凄まじかったことは書いておく。
トンネルの抗口に信号場の本屋。光跡を残すのは816M<仙山6号>の455系電車である。

[Data] NikonF2A+AiNikkor105mm/F2.5S Bulb@f5.6 NONfilter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.


次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。